2009/12/29

カノッサの屈辱 ― 【読書】神聖ローマ帝国 菊池良生



 ヨーロッパの歴史は闘争の歴史である。そんなことを思い出させてくれた一冊。神聖ローマ帝国の興亡をコンパクトに描いた新書である。権謀術数渦巻くヨーロッパで皇帝、教皇、諸侯などが行き詰る政争と戦争を繰り広げる。「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である(クラウゼヴィッツ)」とはよく言ったものだ。戦争は、政敵に優るために取り得るいくつかの手段の一つに過ぎない。一瞬でも気を抜くと領土を掠め取られ、下手をすれば国が消滅する危機感と常に隣合わせ。それに比べれば日本の歴史など随分と平和なものである。国際競争力の低下に目を瞑って、ひたすらバラマキと現状維持を求める呑気な国民性が生まれるのも、その平和な歴史故だろうか。

 それはさておき、「カノッサの屈辱」という世界史上の事件に、こんなドラマがあるとは知らなかった。この事件、ローマ皇帝ハインリッヒ四世がローマ教皇グレゴリウス七世に屈服した事件として有名である。屈服させられたハインリッヒには無能な皇帝というイメージが定着してしまっているように思えるが、実はこの人もなかなかしたたかな政略家だったらしい。

 そもそもの伏線は、ハインリッヒ四世の曽祖父の曽祖父、オットー大帝がドイツ諸侯(豪族たち)を抑えるのに教皇の権威を利用したところから始まっている。教皇庁は、世俗化した教会を改革すべく皇帝権力からの独立を図り、オットー大帝以来皇帝が介入していた教皇や司教の任命権(叙任権)を、奪還しようとした。これがいわゆる叙任権闘争である。
 父ハインリッヒ三世の夭折を受けて弱冠6歳で即位したハンリッヒ四世は、ドイツ諸侯に翻弄され、教皇の任命プロセスから排除されるようになる。それを裏で取り仕切った末に自ら教皇に就いた策略家、教皇グレゴリウス七世は、総仕上げとして1075年「皇帝は教皇に服従せよ」という書簡をハインリッヒに送りつける。
 しかし既に成人していたハインリッヒはこれを拒否し、逆にドイツの司教を集めてグレゴリウスの廃位を決議する。その際ハインリッヒが喧伝したグレゴリウスの女性スキャンダルの相手は、四世の父ハインリッヒ三世に弟妹を暗殺されるという因縁をもつイタリアの女傑マティルデであった。
 これに対抗してグレゴリウスは伝家の宝刀を抜く。すなわち、ハインリッヒ四世の破門である。それに乗じて諸侯がハインリッヒに反旗を翻す。追い詰められたハインリッヒは、マティルデの居城カノッサ城にいたグレゴリウスを訪ね、城門の前で跪くのである。雪の中、宿敵グレゴリウスとマティルデの眼下で、城に入れてもらえずに、ひたすら許しを請う皇帝ハインリッヒ四世。
 この一事をもって、「カノッサの屈辱」は皇帝が教皇に一方的に屈服した事件とみなされがちである。しかし皇帝はその場しのぎで跪いたに過ぎず、赦しを得た後反撃に転じ、別の教皇を立てて教皇グレゴリウス七世をローマに追い詰める。ちなみにそのときグレゴリウスが立てこもった堅牢な要塞が、このカステルサンタンジェロ。

IMG_0732 - コピー


 グレゴリウスは篭城しながらノルマン人と連絡を取り、彼らを引き入れてハインリッヒの軍勢をローマから駆逐することに成功するが、このノルマン人がローマの街で略奪の限りを尽くしてしまう。ノルマン人という野獣を引き入れたことで民衆に見放されたグレゴリウスはローマを追われ、サレルノで客死する。一方、ローマから一旦は撤退したハインリッヒは、その後も皇帝権の回復に腐心するが、二人の息子に相次いで裏切られ、失意のうちに死去するのである。

 ここでは本書に書かれた内容を更にかなり端折っているが、本当はもっともっと凄絶なドラマがあったのだろう。やっぱり歴史は面白い。

 
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/09

【映画】Slumdog Millionaire



インドのスラム育ちの青年が、クイズミリオネアで正解しまくる。答えはたまたま知っていた。それをおしえてくれた過去のいろんなエピソードがフラッシュバックで展開されることで彼の生い立ちと恋の試練が明かされるラブストーリー。とてもさわやかで楽しい作品である。

以前見たインドのスラムを思い出した。映画の中で、子供たちが怪我したふりをして物乞いをするシーンがある。インドを旅行した人はわかると思うが、ほんとにあの映画のとおりで、汚い身なりの裸足の子供たちが、荒っぽい車やリクシャーで溢れかえった広い車道の中に入ってきて物乞いをする。窓が少しでも開いていたら、手や指を突っ込んでくる。あの目で見つめられると、何もあげないわけには行かなくなる。

少し大きい10代くらいの子供たちは、いろんな方法で観光客をだまして金を巻き上げようとする。あの手この手でだまそうとしてきて、ウソだろうと問い詰めるとしらばっくれたりして、かなりいまいましいヤツらである。彼らにも生活があるというのは頭では分かるのだが、喧嘩した相手になかなか愛情はわかないものだ。もちろんそういう出会い方をしなければかわいいんだけど(インドの小さな子は、目がくりっとしててほんとにかわいい)。

でも今回彼らの生活を彼らの視点から映像にした作品を初めて見て、少し見方が変わった。単純だけど、そしてきっと長くは続かないけど、もう少しだけ彼らの立場に立って見ることができたかもしれない。


コピー ~ 40bc8de8_640

(写真:ブッダガヤーの少年 2007年8月)


コピー ~ ab43c279_640

(写真:デリーの少年達 2007年8月)

映画 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/06

ミスリーディングな見出し - “4割が「子ども必要ない」=20~30歳代は6割-内閣府調査”

今日、意外なニュースが出て、あるSNSで多くの反響を読んでいた。

4割が「子ども必要ない」=20~30歳代は6割-内閣府調査

12月5日17時5分配信 時事通信

 内閣府は5日、男女共同参画に関する世論調査の結果を発表した。それによると、結婚しても必ずしも子どもを持つ必要はないと考える人は、2年前の前回調査に比べ6.0ポイント増の42.8%となり、1992年の調査開始以来最高となった。持つ必要があるとする人は同6.5ポイント減の52.9%だった。少子化の背景に、国民の家庭に対する意識変化があることを示した結果と言え、内閣府の担当者は「生き方の多様化が進んでいる」としている。
 調査は、10月1日から18日にかけて、全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.8%だった。
 子どもを持つ必要はないとした人は、男性が38.7%、女性が46.4%だった。年齢別では、20歳代が63.0%、30歳代が59.0%と高く、若い世代ほど子どもを持つことにこだわらない傾向が浮き彫りになった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091205-00000078-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20091206-00000049-san-soci



この記事、見出しだけ見ると、「子供は別にほしくないと思っている人が42.8%」と読める。意外に高いと思った人が多いだろう。当たり前だ。実態は全然違うのだから。

まず記事を読んでみると、「結婚しても必ずしも子どもを持つ必要はないと考える人」が42.8%と書いてある。この「必要ない」というのが自分の希望なのか、それとも社会の一般論なのかで、意味するところは全然違う。

実際の質問を見てみると、その点が100%明確でないので、これは調査設計の問題でもある。以下の添付のように、これは4つの質問で一つのセットになっており、問題の質問はその(3)にある。


Q6〔回答票7〕 結婚,家庭等について,あなたの御意見をお伺いします。(1)から(4)までについて,この中から1つお答えください。

(1)結婚は個人の自由であるから,結婚してもしなくてもどちらでもよい
(42.8) (ア) 賛成
(22.3) (イ) どちらかといえば賛成
(18.0) (ウ) どちらかといえば反対
(14.8) (エ) 反対
(2.1) わからない

(2)夫は外で働き,妻は家庭を守るべきである
(13.8) (ア) 賛成
(31.0) (イ) どちらかといえば賛成
(28.7) (ウ) どちらかといえば反対
(23.4) (エ) 反対
(3.2) わからない

(3)結婚しても必ずしも子どもをもつ必要はない
(18.0) (ア) 賛成
(18.9) (イ) どちらかといえば賛成
(31.5) (ウ) どちらかといえば反対
(27.9) (エ) 反対
(3.8) わからない

4)結婚しても相手に満足できないときは離婚すればよい
(19.3) (ア) 賛成
(27.2) (イ) どちらかといえば賛成
(29.4) (ウ) どちらかといえば反対
(18.1) (エ) 反対
(6.0) わからない

http://www8.cao.go.jp/survey/h19/h19-danjyo/3.html
(※21年版はHPになかったので、19年版から拾ってきた)



どうだろう?

4つの質問を通して見たとき、(3)は、「自分に子供が必要かどうか」ではなく「みんなが子供が持つような社会が望ましいのか」という一般論を聞いているように読めるのではないか。「私は欲しいけど、子供を持たないという選択も個人の自由だよね」と考える人は、「(どちらかといえば)賛成」につけるのではないだろうか。

例えば(1)は明らかに、「あなたは結婚したいですか?」ではなく、「結婚しないという選択も社会の中で尊重されるべきですか?」と聞いている。そうでないと、ここに65%もの賛成が集まるわけがない。その流れで、(3)も多くの人が、「みんなが子供をもつことが望ましいですか?それとも持たないカップルがいてもいいですか」という意味に捉えて回答したと考えるのが、自然だろう。そう考えればこの42%はちっとも不思議ではない。

もう少し正確な報道を心がけてほしいものだ。

少子高齢化 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |