2017/08/28

シルバー民主主義は「健在」である

今日の日経新聞に「忖度しすぎ?シルバー民主主義」という記事が載っている。高齢者は実は負担増を受け入れる余地がある、という内容なので、意外感にかられて興味深く読んだが、随分と能天気な内容だった。

根拠として挙げられているのは、世論調査で「増税をして社会保障を拡大する必要がある」と回答した人の割合が高齢になるほど高かったから、というものだが、高齢者は今後死ぬまでほぼ確実にネットで受取超過なのだから、増税して(その大半は自分ではなく現役世代が負担する)、社会保障を拡大する(その恩恵は当面自分が享受する)という選択が、もっとも利己的である。

もちろん記事が指摘するように増税なしで給付が拡大すれば最高だが、それには限界があることには多くの人が気づいている。それよりも、誰かがしっかり負担して給付を(当面の間は)充実してくれた方がよい。(消費税で自分の負担が多少増えることもある程度は覚悟しているだろうが)

そもそもシルバー民主主義の最大の弊害は、既得権と化した社会保障の給付を減らせないことである。増税は先送りされているとは言え、部分的には一応実現したし議論も続いてる。対して社会保障の給付カットは、ほとんど議論もされていないのが現状である。

高齢者が社会保障の拡大を最も支持し、縮小に最も反対する、という今回の調査結果は、改革の絶望的な難しさを改めて浮き彫りにしただけで、何も新しくない。

少子高齢化 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/08/01

【読書】生涯投資家 村上世彰




村上氏が昭栄に対して敵対的TOBを仕掛け、一躍有名になってから、気がつけば二十年近くが経とうとしている。

今振り返ると、ライブドアがニッポン放送の買収を企図して騒動を巻き起こした2005年から堀江・村上両氏が逮捕される2006年までの、日本社会の喧騒は異常だった。「外国企業による敵対的買収」に怯えて、なぜか全く関係が無い三角合併の導入が先送りとなり、日本企業は「事前警告型」と呼ばれるポイズンピルをこぞって導入した。

本書を読んで改めて実感することは、村上氏の主張は歪んだ会社経営に切り込んだごくごく真っ当なものであり、標的にされた企業やその経営者達の中には、ほとんど横領に近いような形で会社が食い物にされた事例も稀ではなかったということだ。

資本主義社会において、資本を託された株式会社は、それを有効に活用してリターンを挙げる(付加価値を生み出し、富を増やす)べきであり、そうした機会が社内に見当たらないのであれば余剰資金を株主に還元して、資金の好循環を促すべきである。そんな当たり前の主張が、「乗っ取り屋」という誹謗にかき消され、「会社は誰のものか」というややピントのずれた論争の前にほとんど黙殺されてしまったのは、村上氏のみならず日本の経済社会にとって非常に不幸なことだったと思うが、社会というものは(特に人々の意識や価値観は)きっと一足飛びにはなかなか変わらないものなのだろう。

あれから10年を経て、日本にもコーポレート・ガバナンスの適正化を促す動きが本格的に出てきている。本書の端々には、村上氏の無念が滲んでいるが、改めて、氏が議論を喚起したことの影響は大きかったように思う。


それにしても、本質を見ない善悪のラベリングによって、重要な社会問題が極めて単純な感情論に矮小化されてしまう問題の本質は、今日も少しも変わっていない。ますます情報が溢れ、(自分も含め)人々はますます短時間でニュースを消費するようになっている。この問題には、出口が見えない。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |