2017/09/29

政局雑感

前原氏は党内左派が路頭に迷う事を承知で切ったということだ。こんなに非情で大胆な決断ができる人だとは思わなかった。希望の党にロクな政策も理念もないことは明らかだが、それでも、既に歴史的使命を終えた民進党でジリ貧になっていくよりは、未来が開ける。

最近のマスコミは、民進と希望をめぐる話題で席巻されている。安倍首相の国連演説など忘れさられ、自民党には全く存在感がない。(北朝鮮が新たな核実験などを行えばまた空気は変わるのだろうが、北朝鮮が日本の世論の雰囲気を正確に分析していれば、自民党が負けて日本国内が混乱した方がありがたいから、今は動かないだろう。)

共産党に代表される左派は、最近までメディアの偏向報道のおかげで票を伸ばして来たが、今回は埋没するだろう。

小池氏は「互助政党」との批判を交わすためにも、民進左派の公認は認めない。それは彼女に信念があるからではなく、そちらの方がむしろ選挙に有利だからだ。今後も希望と民進は、誰に公認が出て誰は切られたとか、首相経験者も切り捨てられたとか、参院議員はどうするだとか、一部は社民に合流したとか、話題を振りまき続けるだろう。最近の選挙では、結局話題をさらって有権者がドラマやストーリーに乗っかった陣営が勝つ傾向が強いから、希望は結構勝つかもしれない。

さすがに第1党にはならないだろうが、自公を過半数割れに追い込み、連立政権入りする可能性はある。このシナリオでは小池旋風が吹いている前提だから、岸田氏や石破氏が首相というのに納得感があるか。。小池首相誕生は、十分現実味を帯びてくる。そうなったら国民にとっては悪夢だが、小池氏は今頃、都知事の座を禅譲する後釜候補を必死に探していることだろう。10月10日の公示まで、残された時間は短いが。
政治 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |