2013/02/23

【読書】 社会生物学論争史 ウリカ・セーゲルストローレ



人間に広く見られる感情や行動、文化等(の少なくとも一部)が進化の過程に帰することができるという考え方は、現在は広く社会に受け入れられているように思う。しかし1975年にエドワード・O・ウィルソンが『社会生物学』という大著(様々な生物の社会性を進化学的に解き明かした)の最終章でこうした考え方を提示したとき、それは生物学の垣根を超えて哲学・倫理学、政治思想等様々な分野の専門家から強烈な批判を浴び、大論争を巻き起こしたのである。戦前の優生学への悔恨・反省・敵意が今よりもはるかに色濃く学者たちの心に刻み込まれていた当時、人の性質や能力に関して「氏か育ちか」を論ずることは、そして特に前者の役割を強調することは、とてもセンシティブなことだったのだ。1979年にはリチャード・ドーキンスが『利己的な遺伝子』という挑戦的なタイトルの本を著し、この論争は一層熱を帯びることになる。

本書は、その後20年続くこの論争を間近で観察し続けた社会学者の手による論争史の記録である。その主眼はあくまでも「論争」自体、即ち論争を展開した科学者たちの立場や動機、科学者間のやりとりの経緯を記述し、それを題材にして科学とは何なのかというメタレベルの問いを考えることにあるので、進化生物学上の諸説の理論的内容はそれに必要な範囲で簡単に触れられる程度である。読み物としては面白いが、学説の流れや違い(例えば自然淘汰がいかなるレベルで起こるのか、という論点について、ドーキンスが遺伝子レベルの血縁淘汰のみが有効とする立場だったのに対し、ウィルソンは個体レベルや群レベルも含めた多層的な淘汰を主張したとされる)は、本書を読むだけではあまりよく分からない。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示