2013/04/13

【読書】 羽生善治と現代 梅田望夫




ウェブ進化論で有名になった梅田望夫さんが、こんな将棋ファンだとは知らなかった。梅田氏は自らは指さない将棋ファンだそうで、強くなくても、自分では指さなくても、スポーツのように観戦だけする将棋ファンがいてもいいじゃないか、というのが本書の一つのメッセージである。

さて、本書の主題である羽生氏が台頭する前の将棋界には、(礼儀作法に関わることだけでなく)将棋の指し方にも様々な掟やしきたりがあったらしい。たとえば名人は居飛車の「本格派」でなければならないとか、穴熊はアマチュアの戦法とか。強者と認めるためには、勝負の型にも美学を求めるところは大相撲に似ているかもしれない。
羽生善治という稀代の棋士は、単にその圧倒的な強さのみならず、将棋界のタブーに一つずつ挑戦してそれを打ち壊してきた風雲児でもあった。将棋には矢倉とか穴熊とか、いろいろな定跡形があり、それぞれの戦型に進むまでの先手・後手双方の駒の進め方にもある程度決まった順序が存在する。従来の将棋では、序盤戦は先手も後手も、その決まった手順通りに予定調和の駒組を進めて、それができあがったところで「さあ開戦」となるのが普通だった。しかし羽生は予定調和の途中で相手の隙を突いて急戦をしかけたらどうなるかということを延々と考え、そして実戦に取り入れた。これによって将棋の序盤戦は格段に複雑化し(棋士は大変だと思うが)、序盤戦から勝負に緊迫感が生まれるようになった。例えば藤井システムという画期的な戦法が編み出されたのも、そのような流れの中にある。

3月末には渡辺明氏が郷田真隆氏から棋王の座を奪って三冠とし、七冠のうち6つを羽生氏と渡辺氏が分ける形になった(残り1つの名人位をここ3年守っている森内名人に羽生三冠が挑戦する)。今期はいよいよ、渡辺氏が羽生世代に本格的な世代交代を迫る年になるのかもしれない。

しかし棋士ってのは楽しそうだけどしんどい職業だと、改めて思う。勝負の過程を全て衆人環視に晒して自分のアタマ一つで勝負するというのは、頭脳は当然として精神も強くないととてもやっていられないだろうな。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示