2015/07/08

【読書】 「ドイツ帝国」が世界を破滅させる エマニュエル・トッド



 最近のギリシャの債務問題を巡っては、EU・ユーロ圏内でのドイツの発言力の強さが際立っている。と言っても、日本から見えるドイツは、言語も文化も多様な独立主権国家が集まったEUの中の「同輩中の首席」に過ぎない。しかし著者が見据える欧州はドイツ一国によって完全に支配された、米国をも凌駕する規模の覇権国である。

 曰く、ドイツ経済は欧州で一人勝ちし、ロシアからのガスパイプラインも押さえてロシアとの交渉でも主導権を握る。(日本と同様の)高齢化する成熟市場というイメージと裏腹に、欧州は域内に多くの新興国を抱え、これらが安い労働力と豊富な成長機会を提供する。文化・政治的にも、オーストリアやベネルクス、ハンガリーなどは元々ドイツの一部のようなものだし、借金まみれの南欧はドイツに頭が上がらず、フランスは自主的にドイツに隷属した。アメリカはもはや欧州大陸内での当事者能力を失いつつあり、ドイツの対ロ政策に追随することでその弱さを隠している。

 著者はまた、イギリスのEUからの離脱は必然だと予言する。数年前から度々話題に出てくる話だが、これを「独・仏・英を筆頭に多数の国がバランスを保つ多極的な欧州」という枠組みを前提に、「南欧に手を焼くドイツを尻目に、EUから距離を取る」という風にとらえる、いまいちピンと来ない。しかし「南欧が弱いから」ではなく「ドイツが強過ぎるから」という視点で見ると、違うストーリーが見えてくる。
 ドイツが完全に支配するEUという枠組みの中で、イギリスは辺境の島国でしかない。その中でイギリスが強力な発言権を確保することは、これまでもこれからも、あり得ない。それは、ユーロに参加せず大陸から距離を置くというイギリス自身の選択の結果ではない。イギリスはどう足掻いたとしても、経済力・生産力と地理的・文化的近さの両面において他の欧州大陸諸国を手なずける上で圧倒的に優位な地位にあるドイツの発言力に、遠く及ばないのだ。EUの中でのイギリスは、リーダーの一角などではなく、単なるマイノリティでしかない。
 だとするとイギリスの取るべき道は、欧州の中でドイツの属国に成り下がることではなく、アメリカとの特別な関係や、カナダやオーストラリア、アフリカ諸国も含めた英連邦の遺産を活用して独自性を発揮する方向である。

 前半で語られるドイツ論は、(その当否を誰にも評価しきれないところもあって)一つの見方としてなかなか刺激的なのだが、後半は、「富裕層と金融資本が政治を牛耳って可哀そうなギリシャ人に無理やり借金をさせた」というような、根拠のない陳腐な妄想的陰謀論と、サルコジ前大統領への感情的な罵倒が延々と続き、読むに堪えない。

 ケインズ政策を論じた下記の記述に至っては、噴飯ものである。

ケインズの勝利と国家のカムバックが歓迎されました。
…ところが問題がありました。金持ちたちのケインズ主義だったのです。
 景気刺激の財源を貨幣創出―「輪転機を回す」というやつです―で賄えば国家に負担無く済むのにそうはせず、借入で調達したのです。
 これでは、金持ちのお金の安全を確保するばかりで、需要不足にはいささかも根本的な答えとなりません。この贋ケインズ主義は…(後略)



 輪転機を回して財政支出を拡大する(そんなことをすれば当然、通貨の信用は地に堕ちる)のが真正のケインズ主義だなどという珍説は、初めて見た。

 外交力学を論ずる彼の視点は鋭いが、経済を論評すると基礎的な理解を欠いていることを露呈し、その言説の全てが胡散臭く聞こえてくるので、やめた方がいい。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示