2017/06/20

【読書】 Sapiens(サピエンス全史) Yuval Noah Harari ①



著者は『銃・病原菌・鉄』に影響を受けたという歴史学者。人類史という壮大な物語を、鋭い切り口と軽妙な筆致で解き明かした書である。あらゆるものを相対化する著者の自由な視座には、イスラエル人でありながら仏教的な瞑想を実践し、ゲイであり、ヴィーガンでもあるという彼の多様なバックグラウンドも一役買っているのだろう。著者はそうした見られ方(ステレオタイプから外れている、というステレオタイプ)を好まないのだろうが。


第一部:認知革命(Cognitive Revolution)

・まず人類は如何にして、単なる猿の一亜種から、地球の生態系史上例を見ない圧倒的な地位を占めるに至ったのか。

・人類の勃興期、地球上にはホモサピエンス以外にも複数の「人類」が存在した。例えばネアンデルタール人は、現代人よりも大きな脳を持ち、火を操る術も知っていた。

・にも関わらず、ホモサピエンスはネアンデルタール人を含む他の人類を圧倒し、これらを絶滅に追いやったのである(直接的に殺戮したにせよ、縄張りの収奪によって間接的に死に追いやったにせよ)

・ハラリによれば、ホモサピエンスと他の人類の最大の違いは、共通の神話を信ずる力であり、それこそが「認知革命」の成果である。共通の神話を信じたサピエンスには、それまでにない規模での集団行動が可能になり、数の力でネアンデルタール人等を圧倒したのである
ネアンデルタール人も死者の埋葬は行っていたので、「神話的なもの」を全く持っていなかったわけではなさそうだが、この点は特に説明されていない。

・もう一つの大きな効果は、神話は常に書き換え可能だったということである。環境変化等によってある神話が生存に適さなくなったとき、別の神話がこれに取って代わり、これを信じたグループが繁栄することで、サピエンスは不断の「進化」を遂げることができた。その進化の速度はあまりにも速く、遺伝子の突然変異を待たなければならない他の生物は、これに付いていくことができなかった

・こうして圧倒的なスピードで生態系の頂点に駆け上がったサピエンスは、地球上に多くの爪痕を残すことになる。人類が地球環境に甚大な影響を与えるようになったのは、いつからだろう?産業革命以降の環境破壊が最初ではない。農業革命期でもない。既に狩猟採集時代に、生態系の頂点に立った人類は、多数の大型哺乳類をはじめとする夥しい数の生物を絶滅に追いやったと推定される。明確な物証は乏しいが、人類がオセアニアやアメリカ大陸、大洋中の離島に到達した時期と、これらの地域で多数の生物が絶滅した時期が驚くほど一致するという多数の状況証拠を挙げ、絶滅の犯人はホモサピエンスと考えざるを得ないとハラリは主張する。


第二部:農業革命(Agricultural Revolution)

・History’s Biggest Fraud(史上最大の詐欺)と題された第5章は、本書でもっともエキサイティングな章の一つだろう。

・人類は常に進化してきたと思っている私たちは、農業革命に以下のようなイメージを抱きがちだ ― 農耕によって人類は、明日をも知れぬ狩りを続けながら木の実をほじくる生活から解放され、肥沃な土地に定住して豊かな生活(少なくとも狩猟採集よりはずっとマシなそれ)を謳歌したと。だがこれが詐欺だとハラリは指摘する。

・農耕によって労働時間は増加し※、開墾や水やり等の重労働で人類は足腰を痛め、食生活が少数の穀物に偏ったことで栄養状態が悪化し、家畜は様々な伝染病をもたらし、(単一/少数の作物に依存しているが故に)飢饉に見舞われることも増えた。結局、狩猟採集時代に比べて、人類の体躯は小さく、寿命は短くなった。農耕によって、人々のQOLはむしろ大幅に低下したのである。(人類は何十万年・何百万年かけて、狩猟採集を行う雑食生物へと進化してきた。単一の穀物ばかりを食べて単純農作業を繰り返すようにはできていないのだ)
※今日カラハリ砂漠で狩猟採集生活を送るは人々の労働時間は週35~45時間程度で、現代人が独占した肥沃な土地に住んでいた古代の狩猟採集民族の労働時間はもっと少なかったはずと、ハラリは推定する

・確かによく知られるように、農業革命によって人口は増えた。しかしそれは、人々が豊かになったからではなく、定住によって子作りが容易になり出生数が激増したからだという。人口増加によって、一人当たりの栄養は減少し、穀物依存と乳離れの早期化は、むしろ乳児死亡率を高めたが、それを上回るペースで出生数が増えたのである。

・進化の過程を生き残るのは、結局のところ、高いQOLを謳歌した者ではなく、遺伝子のコピーをたくさん残した者である。だから、QOLの低い農耕民族が世界を席巻したのだと、ハラリは言う。

・視点を変えて、小麦の遺伝子の立場に立って見れば、人類は彼らの圧倒的繁栄のために働く奴隷である。人類が穀物を飼いならした(domesticate)のではなく、穀物が人類を飼いならしたのだ(domesticateはラテン語のdomus = 家から来ている。家に住まわされるように仕向けられたのは、小麦ではなく人類である)。

・それは決して、古代の人々が意図した結果ではなかった。狩猟採集の生活に、少しだけ多くの小麦が加えれば、生活はこれまでよりいくらか豊かになるはずだった。最初は、一時的なキャンプ地の周辺に、少しばかり種を撒いてみただけだった。だが、水やりや雑草取りなどの手間をかければ収穫量は増え、収穫量が増えるにつれて人々は小麦に依存するようになる。気が付いた時には、定住して子供が増え、狩猟採集生活に必要な膨大な自然の知識は失われ、最早戻れなくなっていた。それは、人類が繰り返してきた歴史の常でもある(携帯電話やEメールは通信の手間と時間を劇的に減らすはずだったが、人々の生活は楽になっただろうか?)

これに続く3章は、さほど切れ味が鋭くない(最後の男女格差の議論は面白いが)。

・農耕によって人類は、(作物の豊作・不作を左右する)環境の未来をより気にするようになり、かつ環境に多少なりとも影響を与えられるようになった。治水等には莫大な人員の動員必要となり、これを可能にしたのが神話による結び付きである(6章)

・農耕により社会が拡大すると、収穫量や徴税を記録するためのdescriptive deviceが発達した。(7章)

・更に農耕は社会階層を生み出し、後につながる様々な格差の萌芽が生まれていった。あらゆる格差は、当初は歴史の偶然の産物だが、機会の格差は結果としての能力の格差を生み、格差を再生産して社会を固定化して行く。

・唯一の例外が、男女間の格差である。古今東西、なぜ男が優越する社会が世界に共通して見られたのか。その理由は「分からない」とハラリは言う。一つの進化論的仮説は、女性は出産前後に保護を必要とするため、従属的な性質を獲得した(挑戦的な女性は、進化の過程を生き残れなかった)というものである。しかし助けを必要とするからといって、男を頼る必要はない。ゾウのように、メス同士で群れを作って助け合う動物はたくさんいる。なぜ女同士が助け合い、身勝手で暴力的な男たちを排除するような社会を、人類は作らなかったのか。答えは未だ見つからない。(以上、8章)

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示