2017/10/17

【読書】The Fate of West Bill Emmott




大仰なタイトルと知人の勧めに惹かれて買ってしまったが、巷で言われていることをまとめたような本で、今ひとつオリジナリティを感じなかった。

要は自由主義・オープンソサイエティの擁護論で、自由な政治的活動を認めることが民主主義の肝だが、それが行き過ぎると利益集団の跋扈を許すことになるので、民主主義は本質的に危機に陥りやすい矛盾を内包しており、不断の見直しとそれを守るための努力が必要だ、という辺りがポイントか。

ただ、20世紀型の利益集団の話が延々と出てくるが、彼らが政治家に献金して保護規制や補助金を勝ち取っていたという話と、現代の格差問題は、相当構図が違う。前者は比較的閉ざされた国境の内側での利権の囲い込みだったのに対し、現在の格差の原因は新興国や機械との競争により雇用や賃金が伸びないことだ。前者が市場機能が損なわれることの問題であるのに対し、後者は自由市場の拡大がもたらす帰結であって、ベクトルが逆である。

リーマンショック以来槍玉に挙げられる金融機関は規制による保護など求めておらず、むしろその緩和を歓迎している。かつてのマイクロソフトのような独占企業が金融界にいるわけでもない。

右から左に流すだけで何も生み出さずに高給を稼いでいるとの批判は理解できるが、それを是正して人々の納得感を得るために必要なことは、農業における「補助金削減と規制緩和」のように自明ではない。

だから「99%」の主張は経済原理や法の支配を無視した暴論になりがちで賛同者を得られず、シュプレヒコール以上の広がりを持てない。

しかし多くの人は難しい解決策を自分で考えようとはしないので、とにかく「平等」という結果を求め、それに対して賛意も解も提供してくれないエリート達を敵視して疎外感を強める。だからこその「『西洋』の危機」だと思うのだが、本書は現代の民主主義の危機を、単なる20世紀の延長のように捉えているように見える。

読了していないので、気が向いたらまた読むかもしれないが、今はひとまずもういいかな。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示