2017/10/31

質問時間配分の変更は、さすがに与党の傲慢が過ぎる

自民党が、国会での質問時間を議席数に応じて配分する案を検討していると報じられている。「仕事をしたい(地元有権者にアピールしたい)」という理由でこうした要望を出したとされる自民党の三回生議員達は、議院内閣制というものを理解しているのだろうか。

政府と議会多数派が一体となって政治を担う議院内閣制における議会では、野党による監視機能が極めて重要である。英国議会のQuestion Timeでも、質問の優先権は野党にある。プラカードを持って絶叫したり、下らないモリ・カケ問題を延々取り上げてきた野党がその役割を充分に果たして来たとは思わないが、だからといって質問時間を与党に寄せれば、国会は太鼓持ちと茶番の場になり、政治は巨大与党の独裁となってしまう。権力への懐疑と自制は、正に自民党が標榜する保守の伝統ではないのか。

安倍政権のやることはなんでも批判する朝日新聞もどうかと思うが、こんな暴挙にまで共感を示す産経の偏向も酷い。


政治 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示