2017/11/02

【読書】 労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 ブレイディみかこ



著者は英国の労働者階級の中で暮らす日本人。移民でもある自身は残留に投票したが、夫を含めたほとんどの英国籍の知人は離脱に投票したという。その社会的背景をまとめたのが、本書である。著者のように労働者階級に本当に根を張った生活者から見た英国観を日本語で読める素材は殆どないと思うので、非常に価値のある本だと思う。

本書を読んで感じるのは、英国での格差が日本から垣間見える姿よりもはるかに深刻であり、社会が完全に分断されているということだ。政治から疎外された白人労働者階級の肉声には、力がある。

本書は一貫して労働者に同情的であり、労働組合への過度な期待や、競争力の無い産業構造の温存を主張するなど経済政策の視点はだいぶ偏っている面もある(炭鉱を閉じて金を配るという政策は正しかった。水準が十分か、という問題はあるが)。他のソースにも当たりながらバランスを取るべきとは思うが、一つの視点を提供してくれた。

しかし絶望的な気持ちにもさせられるのは、これだけ労働者に寄り添った著者にも、結局、離脱によって具体的何が達成されるのか、人々が何を期待していたのかは、見えて来なかったという現実である。著者がそう総括したわけではないが、書かれているのは、結局、保守党政権が推し進めた緊縮財政策への不満であり、白人労働者の閉塞感・疎外感である。残留派が主張したEU市場へのアクセスを失うことによる経済的損失に対して、それを回避する策も受け入れる明確な覚悟もあったわけではなく、ただ、現状に不満だから何とかしてそれを変えたいという熱情に動かされたというのが、本書から見える離脱投票者の本音である。その結論だけ見ると、巷で言われている話と結局そう変わらない。

労働者の窮状は分かった。緊縮財政を推し進めたキャメロン政権は間違っていたかもしれない。しかし、それとEUの問題をごっちゃにして、国が窮乏する道を選んだことは、やはり賢明ではなかったのではないか。このやけっぱちの選択は高くつきそうだ、というのが、投票後一年長を経てなお交渉の端緒すら掴めずにいる現状を踏まえた上での、素直な読後感である。




読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示