2018/01/09

コペンハーゲン②

人々はフレンドリーでナイス。レストランのウェイターが割と気さくに話しかけてくる。不機嫌な人を見かけない。人種的には、意外に多様な印象。白人がほとんどだが、金髪碧眼色白のスカンディナヴィアンばかりでもないようだ。

料理は意外に(?)とても美味しい。
最初に入ったのはDelle Valleというカフェ。ビュッフェが楽しい。フレスケスタイや白身魚のフライがなかなか美味。あとジャガイモのグラタンみたいな料理がすごく美味かった。

夕食はSkipper Kroen。ニシンをヨーロッパで初めて食べたが、肉がプリプリでとても美味しい。日本で食べたニシンとは全く違う触感が新鮮だった。
IMG_0285_20180109175832049.jpg

メインはサーモンのクリームスープ煮。何で味付けしているのかよくわからないが、独特の味わいが素晴らしい。
IMG_0286_20180109175835481.jpg


2日目の昼はNytrovで大鮃という聞き慣れない魚のソテーを頂く。ガーリックバターがとろけて美味しい。
夕食はKobenhavner Cafeenで本格的なフレスケスタイを。Delle Valleのもうまかったが、とは言えやはり作り置き。レストランのものは全然違う。皮はカリッカリで肉はジューシー。ビールによく合う。

レストランでいつも困るのがチップ。帰国後にデンマーク出身の知人に聞いたところによると払う習慣はないとのことだが、まれに期待されているようなプレッシャーを感じたのは、きっとあからさまに旅行者だったからだろう。

噂に違わぬ自転車大国。子供や荷物を前に乗せられる三輪車が便利そうだ。大通りには基本的に自転車専用レーンがあるし、スーパーに無料電動空気入れを置いているところもあった。電動自転車などというものはあまり乗らないらしい。坂がほとんどないので必要性を感じないのかもしれない。

公共施設では、不正をはたらく人の存在をかなり小さく見積もっている気がする。コペンハーゲンカードには有効期限を自分で記入することになっているが、バスの運転手もミュージアムの受付も、ほとんど記載を見ていない。

Christianiaは、どこか懐かしい(ハタチ前の、トレスポを観て退廃的なムードに浸っていた頃の気分を思い起こさせる)エリア。マリファナ?の独特の匂いが漂ってくる。しかしここに暮らすヒッピー達は、年取ったらどうするんだろう。心身ともに若くないと、あの街には住めない気がするが。

若者が左翼的平等思想に傾きがちなのは(自分もそうだったが)、きっとお金の大切さを知らないからなんだろう、などと考える。家族ができると広い家に住みたくなるし、子どもができれば教育費も気になり、冠婚葬祭にも金がかかるようになる。上質な物にはそれなりの奥深さがあるし、そうした嗜みを全く知らないのも恥ずかしく思えてくる。そういうことが、若い頃は全然分からなかった。
旅行記等 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示