2008/10/11

なぜ美術館には黒人がいないのか

以前、まだ日本に居た頃、別のブログにこんな日記を書いたことがある。

------------------------------------------------------------

3年前、前の会社の研修で2ヶ月弱ニューヨークに滞在していました。時間がたっぷりあったので、美術館や博物館にたくさん行ったのですが、あるとき来館者にほとんど黒人がいないことにきづきました。アングロサクソンはもちろん、ヒスパニックもアジア系もいるのに、黒人だけはほとんどいないのです。試しにMOMAで数えてみたら、その日300人くらい見た来館者のうち、黒人は2人だけでした。これは街でみかける黒人の割合に比べると圧倒的に少ない。

(中略)

すぐに思いつく理由は経済格差ですが、美術館(は)・・・それほどお金がかかるものではない、どちらかというと庶民の楽しみです。日本で見聞する情報からも、僕がNYに滞在していた頃の実感からも、美術館に行きたいと思っても行けないほど、全ての黒人が困窮しているとはとても思えない。行けないのではなくて、行きたいと思う人が少ないのだと思います。

(中略)

外へ外へと向かう好奇心があまり強くないのでしょうか。よく分かりません。時々考えるのですが、説得力のある仮説はまだ自分の中にはありません。

(後略)

2005年11月
------------------------------------------------------------


これは美術館に限らず、自然史博物館でも、クラシック音楽のコンサートでも同じだった。黒人はなぜ世界の芸術を楽しまないのか、その理由を私は黒人自身の気質に求め、そして答えを見出せずにいた。

その後特に深く考えることもなく月日が流れてしまったが、アメリカの歴史を振り返って考えると、むしろそれは当たり前のこととして理解できるのかもしれないと思うようになった。

その理由として私が今持っている仮説は、言ってしまえば何の新鮮味も無いのだが、人種差別の影響である。

私は1970年代の生まれだが、そのひと昔前、アメリカでは公民権運動の嵐が吹き荒れていた。その頃のアメリカ(の一部)では、白人と有色人種とでは、学校もレストランも電車の車両も公園のベンチも、全部別だったのだ。道で白人に殴られても泣き寝入り(警官も白人びいきだから)。混雑するバスに白人が乗ってきたら、黒人は席を立って譲るのが当たり前。黒人は、特に南部では日本人にはちょっと想像できないような差別を受けていたし、NYではハーレム等一部の地域に押し込められていた。

そんな時代にあって、白人ばかりが集まる美術館や、ましてクラシックコンサートなどに行ったらどうなるか。おそらく入場を制限されていたようなところもあっただろうし、表立った差別はなかったとしても、「何でここに黒人がいるんだ」という刺すような視線を浴び、いたたまれない気分を味わったであろうことは想像に難くない。そんな場所に、わざわざ休日の娯楽を求めて行こうと思うだろうか?あるいはそうした不幸な文脈に染められた白人芸術を、素直に賛美できるだろうか?

1964年にようやく公民権法が成立し、南部諸州で行われてきた法律上の差別は禁止されたが、法律ができたからといって人々の意識がそう簡単に変わるわけではない。私たちの世代がまだ小さかった頃などは、今よりもずっと目に見える形で差別が残っていただろう。

今日では、美術館に行っても黒人だからと言うだけで不当な扱いを受けたり不愉快な思いをすることはないと思う。でも親の世代が接していなかったから、きっとそれを楽しむという習慣がない。美術館の存在は知っているが、そこは自分が行くところだと思っていない。その状態のまま、なんとなく今まで来てしまった、というところではないだろうか。

すなわち、かつては差別という「行かない理由」があり、だから行かなかった。今は「行かない理由」はほぼ無くなったと思うが、ずっと行っていなかったから「行く理由」がない。だから敢えて行こうとも思わない、ということだと思う。


2002年にNYに滞在していた頃と比べると、最近はより人種間の融和が進んでいるような気がしなくもない。そうだとしたら、とても喜ばしいことだ。


DSC01082 - コピー

写真:NY近郊、タングルウッドのコンサート会場。白人(と少数のアジア人)しかいません(2008年8月)
Category: None | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
 確かに、アメリカでは同じ都市でも特定の空間ごとに、人種構成が全く違っていて、特に初めの頃は驚くとともに、疑問に思いました。スポーツでも、海やアイスホッケー場やスキー場には黒人は極めて少ない一方、ゴルフ場や野球場には結構いるという印象です。ゴルフも野球もおそらくルーツ的に昔はいなかったのだろうし、多少の差はあれ用具を勝ったり観戦するのにはお金がかかるという意味では同じ。では、何故差が生まれるかと最近ふと思ったのは、きちんと調べたわけではないですが、「先駆者」の存在が大きいのではないかと思います。「先駆者」がいるから、自分もやってみよう・みてみよう、みたいな。そう思うと、「先駆者」の偉大さを改めて実感します。
Yoshi
ありがとうございます。確かに誰かが道を切り拓くのでしょうね。
演奏家や、(少なくともNYの美術館における)画家・彫刻家などでも黒人比率はとても低いと思うので、それが影響しているのかもしれません。

特定の空間ごとに人種構成が全く違うのはアメリカの際立った特徴ですよね。同じ移民国家のラテンアメリカ諸国と比べても、アメリカで人種間の融合が進んでいないことは、顕著です。
エマニュエル・トッドがこのあたりを詳細に研究しているので、今度読んでみたいと思ってます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%89

管理者のみに表示