2010/01/31

東山魁夷展@山種美術館

恵比寿にある山種美術館というところで、東山魁夷の絵を見てきた。

たまたま見かけた、この「年暮る」という絵を使ったパンフレットに釘付けになり、ほとんどこの絵を観に行ったようなものである。実物は、すばらしかった。

higashiyamakaii toshikuru

なんでこんな色が出せるんだろう。雪の夜の京都の、ひやりとして薄暗い静寂が伝わってくる。絵の中に吸い込まれて本当に高台から街を見下ろしているような気がしてくる。夜に浮かび上がる雪景色は、こんな風に青白い。
瞳孔が開いているときにだけ見える、独特の薄暗い景色。その薄暗さ、冷気、静寂を、こんな風に二次元の絵で伝えられるってほんとにすごいことだと思う。

なお、この特別展は今日で終わってしまいました。。興味持っていただいた方、ごめんなさい。
Category: None | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
森や白馬を描いた絵が印象に残ってたけど、こういう街の絵も素敵だね^^
絵ももちろん素晴らしいんだけど、私は日本画のもつ輪郭の美しさや、ざらっとひんやり乾いた岩絵の具の質感が好き。岩絵の具の名前も「浅葱色」「山吹」「藤紫」「群青」とか、雅なのよね。特別展行けて良かったね。
No title
こんにちは!瀧口です。
東山魁夷、いいですね。こんな感動を呼べる絵が描けるようになるよう、精進したいな。
美術展、おわっちゃったんだ。素直にうらやましいです★
No title
>ゆるり
日本の色彩感覚っていいよね。着物の重ねとかもすごくきれいだと思う。
質感といえば、昨日展示されてたこの↓「白い嶺」っていう絵、枝に降り積もった雪のもったりとした重みが、分厚く無造作に塗られた絵の具で表現されててすごくよかった。写真で観てもぜんぜん分からないけど^^;
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/639

>砂糖子さん
時々日記から、絵を拝見してますよ。あったかくていいね。どれもかわいらしいので、僕がポストカードに使うと、ガラじゃないと言われてしまいそうですが笑

管理者のみに表示