2010/02/20

中東旅行1日目:エルサレム

前から行ってみたかったエルサレムに来ています。

羽田→関空→イスタンブールと乗り継いで、イスタンブールで飛行機が遅れて2時間余計に待たされ、27時間かかってようやくエルサレムまで辿り着きました。

テルアビブ空港に着陸する直前になぜか飛行機がUターンし、しばらく飛んでからまたUターンするという不可解な行動の後に、ようやく着陸。厳しいといわれる入国審査では、旅行の目的から始まり、イスラエルに友達はいるのか、(いないと答えたら)なぜ観光にイスラエルを選んだのか、(パスポートを見て)香港や中国にたくさん行っているのはなぜか、などなど質問攻めにあいましたが、普通に答えてたら普通に通してくれました。

イスタンブールからの飛行機が隣だったイスラエル人にいろいろ教えてもらったのですが、彼女の英語がネイティブに近いアメリカ英語だったことがちょっと意外でした。ずっとイスラエルで育ったとのこと。街中でも、伝統的な黒い衣装を着てもみ上げを伸ばした青年が流暢なアメリカ英語を話していた。英語もアメリカ人から教わっているのかもしれない。


エルサレムの旧市街は、手前に見えるような城壁でぐるっと囲まれていて、その周りに新市街が広がってます。

コピー ~ DSC_0460


ユダヤ教の安息日にあたる金曜日の夕方から土曜の夕方までは、敬虔なユダヤ教徒は仕事をしません。予定より到着が遅れたため、ホテルにチェックインして出かけたのは4時過ぎ。宿がある新市街の商店街は既にこんな感じでした。

画像 006

でも気を取り直して旧市街まで歩いてみると、やっぱりツーリス向けのお店はたくさん開いてました。

スークと呼ばれるマーケットは、昔トルコで見たバザールのような感じ。

コピー ~ DSC_0441

夕暮れの旧市街はとても美しい。
コピー ~ DSC_0465


なお、旧市街には一応ムスリム地区というのがありますが、今日歩いてみた印象では、エルサレムは完全にユダヤ人がdominantな街です。だからこそパレスチナ自治区というのが大きな意味を持つのでしょうが。


旅行記等 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示