2010/02/26

イスラエル・パレスチナ問題の備忘録:ユダヤ人の多様性

今回の旅行と、その途中で読んだ二冊の本で、「パレスチナ問題とは要するにユダヤ人とムスリムとの二者の対立である」という認識が全くもって表面的なものであったことを知った。専門家が口をそろえて「複雑だ」と言うパレスチナ問題がいったいどのように複雑なのか、その一端を垣間見たので、今回はまずユダヤ人の多様性について、書き留めておきたい。

「ユダヤ人」というのは、ユダヤ教の下に結束した同質的な集団だとこれまで思っていたが、全くそんなことはなく、実に多様なのである。

今回特に参考にした本はこれ。



部分的にこれも。



■イスラエル建国とホロコーストとの関係

ホロコーストはイスラエル建国のシンボルと思っていないだろうか?
ホロコーストを契機としてイスラエルという国が建国されたという説明がよく聞かれるが、ホロコーストとイスラエル国家建設運動(シオニズム)の関係は、実は非常に微妙なものらしい。

シオニズムは、もともとディアスポラ(離散して様々な国のマイノリティとして暮らしている状態)を否定し、ユダヤ人国家を建設しようとする主張である。欧州で様々な差別や迫害に会っていたユダヤ人を中心に、既に19世紀末から、パレスチナの土地の買収や外交交渉を通じて地道なシオニズムの努力が起こっていた。その背景には、ロシアで起こったユダヤ人虐殺や、ドレフュス事件で顕在化したユダヤ人差別によって、もはやユダヤ人の安全を確保するにはユダヤ人自身の国を作るしかないという危機感が強まったことがある。

このシオニスト達が、第二次大戦後のイスラエル建国を主導したのである。ユダヤ人国家の建設などほとんど夢物語だった頃から半世紀以上闘争を続けてきた彼らにしてみれば、ホロコーストの虐殺は、「ヨーロッパは危険だからパレスチナに国を作ろう」という自分たちの呼びかけに耳を貸さずにディアスポラを続けた愚かな人々が自ら陥った結果であり、「だから言わんこっちゃない」という思いがある。しかもナチスに対して勇敢に戦って死んだのならまだしも、従順に収容所に送り込まれ、易々と殺されてしまった。イスラエル建国者達の本音としては、ホロコーストは結束のシンボルなどではなく、汚名であり恥辱なのだそうだ。

だからイスラエルでは、「ホロコーストは、学校では教えられず、ヘブライ大学でも研究対象にはならなかった。劇場でも演劇でもホロコーストには言及されず、詩・小説でもテーマにはならなかった(臼杵)」のである。実際、ドイツやアメリカにはホロコースト博物館的なものがたくさんあるのでイスラエルにはさぞたくさんあるんだろうと思って来てみたが、イスラエルにおけるホロコーストの展示は実はそれほど多くも大きくも無いのである。

しかし他方で、ホロコーストは海外からの同情を集めてイスラエルの国際的立場を有利にする上では格好の材料であった。このため、シオニストのリーダー達は、「ホロコーストをユダヤ人国家建設の正当化の材料として役立つ限りにおいては大いに利用した(臼杵)」のであった。

コピー ~ DSC_1735
写真:ベルリンのユダヤ博物館にあるホロコーストをモチーフとする展示


■民族の多様性

イスラエルの多様性という意味では、そもそもユダヤ人とは誰のことか、その基準は人種なのか、宗教なのか、といったことも一つの論争テーマである。ここではとりあえず、現在イスラエル国籍を持っているユダヤ教徒に限定するとして、その中にも実はいろんな人たちがいる。

ユダヤ人というのは概ねこういう白人達だと思っていないだろうか。
jew.jpg

ユダヤ人=白人、ムスリム=浅黒いアラブ人という図式は、実はかなり間違っている。

ユダヤ人=白人のイメージは、おそらく、ホロコーストやアンネ・フランク、アインシュタイン、スピルバーグなどのイメージが強いからだろう。あるいはアメリカやヨーロッパに行ったことがある人は、彼の地でこうした白人ユダヤ人を見かけることが多いからかもしれない。

しかし実は、先祖代々中東出身で浅黒い肌と濃いヒゲをもち、アラビア語を母語とし、アラブの服に身を包み、アラブ料理を食べ、それでいて敬虔なユダヤ教徒のユダヤ人という人々が、イスラエルにはたくさんいるのである。アフリカ出身の黒人のユダヤ人もいる。(逆に白人のムスリムももちろんたくさんいる。)実際、今回の旅行でも、そういう人々にたくさん会った。イスラエルという国は、私たちが漠然とイメージするよりもはるかに多様な、多民族国家なのである。

大まかに分類すると、①ヨーロッパ出身でイディッシュ語という言葉を話す「アシュケナジーム」(多くはドイツやポーランドにいた)と②非ヨーロッパ系の「スファラディーム」(15世紀にスペインを追われてオスマントルコ領に住み着いた白人)、③イスラーム世界(イラク・イエメン・モロッコ等)からやって来た「ミズラヒーム」、その他ロシア系やエチオピアなどのアフリカ系などがいるらしい。
社会の上流を占めているのは欧州出身のアシュケナジームだが、全体の数としてはおそらくアラブ系・アフリカ系の方が多い。

こうした民族的多様性は、ユダヤ人同士の間でも社会に様々な軋轢をうむ。

例えば中東(ヨルダン、シリア、イラク等々)に暮らしていたミズラヒームと呼ばれるユダヤ人たち。イスラエルの建国はヨーロッパでの差別や虐殺の経験が強い動機となっているわけだが、中東では、もともとオスマン帝国が宗教的に寛容だったこともあり、ヨーロッパほどの組織的な迫害は存在せず、ユダヤ人たちはヨルダンやシリアで比較的平和に暮らしていた。だからミズラヒームの多くは別にユダヤ人国家創設の必要性をそれほど感じていなかったのである。
ところが欧州のシオニスト達が強引にイスラエルなどという国を作ってムスリムとの関係が悪化したものだから、風当たりが強くなって自分の国に居場所が無くなり、仕方なくイスラエルに移住した。移住してみたらイスラエルは白人が牛耳っていて、自分たちは3K労働に従事させられる。これでは踏んだり蹴ったりであり、不満がたまるのも当然であろう。

また、モロッコからの大規模な移民は、1956年にモロッコがフランスから独立してユダヤ人移民の制限を撤廃した頃から始まる。モロッコ系移民は、船が着いたハイファ港から、社会主義的な集団経営農場や、ヨルダン・エジプト等との国境近くの危険な地域へと直送され、劣悪な環境での3K労働を余儀なくされた。それに耐えかねてハイファに戻った者たちがスラムを形成するようにもなる。他方で、ポーランドなどから新たに到着する移民たちには、優先的によい住居があてがわれているように映る。

更に、ソ連の崩壊によって1990年代にはロシアからの移民が激増した。
中東イスラーム圏やアフリカ、ロシアから来たユダヤ移民達は、当然ながら、ヨーロッパから移住してイスラエルを建国した人々とは全く異なる言語・文化・生活様式を持っている。イスラエル政府は、こうした多様な文化を同化させるために教育や徴兵などを活用してきたが、移民の割合が高まった現在ではもはや完全な同化は不可能となっており、イスラエルは多様な文化が共存する他民族国家となっている。


■ユダヤ教信仰を巡る対立

また信仰のあり方をめぐっても、同じユダヤ教徒の中に、敬虔な正統派(イスラエル人口の約2割)と世俗的な人々がおり、その間に緊張・対立関係がある。敬虔な正統派ユダヤ教徒は金曜の日没から土曜の日没までは働いてはいけないと固く信じているため、例えば近所に土曜日に車で外出して彼らの静謐を犯すような不届き者が出ればバリケードを築いてでも阻止しようとしたりする。当然、世俗的に普通の暮らしを送りたい人々と、日常生活において衝突する。
また、敬虔な正統派の男性の中には、自らは働かずに信仰に専心し、妻が働いて生計を立てているケースも多いとされる。これでは生活が成り立たないので、彼らに対しては政府が補助金を与えている。更に、正統派は兵役の義務も免除されている。これらのしわ寄せは当然、世俗派に及ぶので、彼らの不満は相当強いのだそうだ。

また、イスラエルには憲法が存在しない。制定しようという動きはあったが、ユダヤ教を国教に定めようとする正統派と政教分離を重視する世俗勢力との間で折り合いがつかなかったのである。

コピー ~ DSC_0447
写真:嘆きの壁で祈る正統派

中東における圧倒的軍事大国となったイスラエルを支えるユダヤ人達は、一見すると一枚岩だと思ってしまいがちだが、少なくともこれだけの多様性と緊張関係を内包している。そしてもちろんこの他に、イスラエル国内に住む他の宗教、とりわけムスリムとの問題を抱え、そしてムスリムへの対応を巡って、ユダヤ人内部のタカ派とハト派の路線対立も深刻である。だからイスラエルの政局は、常に少数政党が乱立している(選挙制度が比例代表制であることも大きな要因)。

イスラエルという国は、パレスチナにユダヤ人国家を作ろうという壮大な計画の産物であり、近代史上最も大きな努力と犠牲をもって建国された国の一つではないかと思う。そしていろんな意味で、イスラエルはアメリカ合衆国に似ている。
例えば、ヨーロッパからやって来た人々が先住の人々を蹴散らして成立させた人工的な国家である点、世界各地から多様な移民を呼び寄せた多民族国家である点、それらの多様な民族を建国の理念によって無理矢理結び付けている点、また宗教的保守派が政治的に大きな力を持ち、時に世俗的な人々と対立する点、などである。実際、イスラエルは国の設計に際してアメリカを参考にしたようである。(※イスラエルが少数政党の乱立で、アメリカが安定した二大政党制なのは、一重に選挙制度の違いに依ると思われる。もしもアメリカが比例代表制を採用したら、たちまち黒人党やユダヤ党、キリスト教保守党など、様々な政党が乱立することになるであろう。)両国の緊密な関係には、そうした類似性が絡んでいるのかもしれない。


※本稿は、数冊の読書と旅行での印象という、ごく限られた情報を元にした単なる備忘録です。誤解や偏見もあるかと思いますが、悪しからず。
旅行記等 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
いい旅をしているなぁ
いつも深い考察を楽しみにしています。

元気でもどってきてね!
> しゅーへい
ありがとう!実は先日無事に帰国しました。

続きまた書くね。

管理者のみに表示