2010/03/21

【映画】アバター

川崎のIMAXシアターで観ました。

この映画の見所は、やはり映像美だろう。同じジェームス・キャメロン監督が1991年にターミネーター2で活用した映像技術も当時としては衝撃的でしたが、今度のAvatarと比べれば児戯に見えて来る。

ストーリーの設定は、ケヴィン・コスナーのDances With Wolvesによく似ている。以下のような、展開の基本構造が同じである。
・美しい自然の中で、自然と調和して生きる人々
・そこに傍若無人に押し入って自然を破壊し、先住民と対立する白人達
・しがない主人公は先住民世界に送られた白人。自然の中での生活や先住民との交流の中で自己を再発見し、やがて先住民側の一人と恋に落ちる
・やがて白人達が攻めてきて、主人公は先住民側に立って戦う

Avatarに登場する地球人は、ヒスパニック系のMichelle Rodriguez以外の主要キャストは全員白人である。エキストラも白人ばかりだった(と思う)。他方、Navi(先住民)の主要キャストは全員黒人かNative American。この配役が、白人による植民地化の歴史を念頭に置いてなされたことは間違いないだろう。


ただし、勧善懲悪の分かりやすいヒーローアクションになっている点はDances with Wolvesとは大きく違う。一緒に観に行った連れは、ストーリーはコテコテのハリウッド映画と苦笑していた。

私も同様の感想を抱いたのだが、思いかえすとDances with Wolvesが公開された1990年当時、それは「西部劇ではインディアンは悪役と相場が決まっていたハリウッドの常識を覆した」「植民地支配に対する真摯な反省」などと喝采を浴びていたものである。それと同じ構図の設定が、いまや「コテコテのハリウッド映画」と言われてしまうのだから、隔世の感がある。20年ほどの間に、欧米至上主義の発想はずいぶん薄れたのだなぁ、と感慨にふけってしまった。

映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示