2011/09/23

金融政策のまとめ① - 日銀がお金を増やせば、デフレはすぐに脱却できる?

先日『デフレの正体』に関するレビューを書いた。同書の中では「デフレの正体」は全く論じられていないが、デフレに対する世の中の関心は高く、この本の爆発的な売れ行きに一役買ったのかもしれない。しかしデフレへの問題意識はあれど、なぜそれが問題なのか、どうしてデフレになっているのか、ということに関しては、専門家の理解と一般の人の理解との間に大きな隔たりがあるようだ。

例えばデフレ脱却国民会議は、世の中にお金が不足しているので、これを増やせと主張する。


デフレ脱却国民会議設立趣意書

日本の長期停滞の原因はしつこく続いている「デフレ」という現象です。経済というのはモノとお金のバランスによって成り立っています。しかし、お金の供給を長いこと怠ってしまうと、そのバランスが崩れ、お金が極端に不足します。

すると、人々はモノよりもお金(紙幣=印刷された紙)に執着する現象が発生するのです。この現象がデフレです。人々は紙幣(=印刷された紙)を欲しがってモノを買いません。モノが売れないので企業の業績は悪化し、失業が増え、若年層が定職に就くことができず、世の中に悲観ムードが広がっています。
(後略)



こうした説明は一見分かり易いのでそれなりに支持者がいるようだが、まともな経済学者からはほとんど相手にされていない。ちなみに評論家(?)の池田信夫氏は下記のように述べて嘲笑している。



デフレ脱却国民会議(笑)

(前略)

「お金が極端に不足」するというのは、資金需要が供給を超過するということだが、この場合は(お金の価格である)金利が上がるはずだ。しかし今、長期金利は1%を切る水準で、日銀の政策金利は事実上ゼロである。これは資金が供給過剰になっているということにほかならない。この趣意書を書いた人物には、この程度の初歩的な経済学も理解できないらしいから、ていねいに説明しておこう。

のように金利は資金需要と通貨供給が均衡する水準で決まるので、通貨供給を1から2へ増やせば金利は下がるが、ゼロ以下には下がりようがない。これは通貨供給が需要を絶対的に超過していることを示す。つまり日本経済は、X*のような状態にあるわけだ。ここで3のように日銀が量的緩和をしても、何も起こらない。不足しているのはお金ではなく、資金需要だからである。

(後略)




この議論について、もう少し噛み砕いた説明を試みてみる。


貸し出しが増えないと市中に出回るお金の量は増えない

そもそも日銀はどうやって通貨量をコントロールするのか。その基本は、民間金融機関が保有する国債を買うことである。国債を受け取る換わりに、銀行などに貨幣を渡すのである。この「貨幣」を日銀は自分で創り出すことができるので、その意味では日銀が国債を買えばお金の量は増える。
でもこれだけでは、世の中に出回るお金は増えない。銀行が持っている現金が増えるだけである。銀行が貸し出しを増やしたり、他の金融商品を買ったりすることで初めて、世の中のお金の総量が増えるのである。

ではなぜ銀行はお金を貸すのか?言うまでもなく、利息を稼げるからである。国債やローンには金利が付くが、現金には付かない。だから国債を日銀に売ってしまった銀行は、代わりに入ってきた現金をローンの貸し出しに回したり他の金融商品を買って運用しないと損である。そうやって市中に現金が出て行くというのが、普通の状態での話である。
ところが今は資金需要が不足しているので、金利がほとんどゼロである。銀行が手間ひまかけて、貸し倒れのリスクを取ってお金を貸しても、雀の泪ほどの金利しか得られないから、バカバカしくてやっていられない。そもそも国債を売ることで手放した収益機会(=国債の金利)もほとんどゼロなのだから、日銀に国債を売る前と後で、銀行から見て状態はほとんど変わっていない。だからお金は銀行から外に出て行かず、銀行に積みあがるだけなのだ。


資金需要が不足しているので貸し出しが増えない

この「資金需要不足」ということが、経済学やファイナンス論を勉強したことが無い人には少し分かりにくいかもしれない。お金を欲しがる人は世の中にはいくらでもいる。私だって貰えるものなら欲しい(笑)。でもここで言う「資金需要」とはそういうことではない。

「資金需要」とは「流動性需要」と言い換えてもいい。流動性とは、「今すぐ使える」という性質のことを意味する。現金は今すぐ買い物に使えるが、誰かに貸してしまったら、返してもらうまで使えなくなる。逆に借りた人は、返済期限が来るまで自由に使えるお金を手に入れたことになる。つまり「資金需要」とは、「今すぐ使えるお金が欲しい。そして(この後が重要なのだが)そのために利息を払います」という需要のことである。

もしもこの資金需要がふんだんにあれば、つまり「今すぐ使えるお金」を借りたい人がたくさんいれば、銀行としてはなるべく高い金利を払ってくれる人を選んで貸せばいいわけだから、金利が上がるはずである。ところが今はゼロに近い低金利がずっと続いている。金利が低いということは、お金が余っていて、それを借りたい人が少ないということを意味する。だから銀行は貸したくてもお金を貸せないのだ。

なお、上記の説明では信用リスクとプレミアムを無視した。5%の金利でお金を借りたい人はもちろん世の中にたくさんいるが、こうした人は大抵信用力が低く、一定の確率で返済できなくなる人が出てくる。銀行としては、貸したお金の一部が返って来ないリスクを予め織り込んで、プレミアムを上乗せした高い金利を取らないと、損をすることになってしまう。
このようなリスクプレミアム分を除いた金利は、純粋な時間的価値(=来年ではなく今すぐこのお金を使えることの価値)を反映したものになる。それが、今はゼロ近辺だということである。それは、お金が余っていることと同義である。


資金需要が不足しているのは、経済が成長しないからである

資金需要がある人、つまり「今すぐ使えるお金」を今日借りて、将来利息付で返すことを望む人は、借りたお金を元手に何か事業をしてお金を増やせる自信がある人である。したがって「資金需要が不足している」とは、経済全体としてみたときに、資金を元手に事業を成長させられる見込みが低いということであり、潜在的な経済成長率が低下していることの裏返しに他ならない。


つまり、デフレだから経済が成長しないのではなく、経済成長率が低いから誰も金利を払ってお金を借りようとせず、そのため日銀が国債を買っても買ってもお金は金融機関が保有し続けるだけで貸し出しが増えず、デフレが続くのである。したがって根本的な解決策は経済の成長率を上げる以外に無く、日銀がお金を刷る事ではデフレは脱却できないのである。


(続く)
経済 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示