2009/03/08

雑感:官房副長官の発言

小沢一郎氏の秘書が逮捕され、日本の政局は一層混沌としてきた。

そんな中、官房副長官が、「(西松建設事件は)自民党の方にまで波及する可能性はないと思う」などと発言したことが問題となっている。渦中の漆間氏は警察のトップである警察庁長官から、全官僚のトップである官房副長官となった人物で、当然警察内部に強力な人脈を持っている。その人脈を活かして捜査状況を聞き出しているのではないか、あるいはそもそも小沢氏の捜査自体が政府の意向を受けたものではないか、と疑われている。


権力者による類似の発言は、当時ほとんど問題にならなかったが、2年前にもあった。松岡利勝農水大臣が自殺した際、当時の報道によれば、安倍晋三首相は記者団に対し、「本人の名誉のために言うが、緑資源機構に関しては、捜査当局から『松岡農相の取り調べを行っていた事実はないし、これから行う予定もない』という発言があったと聞いている」と語ったのである。

具体的な捜査状況や今後の予定を、疑惑が追及されれば多大な不利益を被る張本人である、時の最高権力者たる首相がなぜ知っているのか。この発言がほとんど話題にもならずに流されているのをみながら、暗澹たる気持ちになった。


日本の警察・検察と権力との癒着は、以前からささやかれてきた。
検察等の関係者はもちろん否定するが、これまで捜査・逮捕された政治家の顔ぶれとタイミング(今回の小沢一郎をはじめ、鈴木宗男、辻本清美、田中真紀子、加藤紘一等々)を見ると、政局と無関係とは到底思えない。


余談だが、今回の発言は記者懇談会でのオフレコ発言を名前を伏せてメディアが暴露したもので、これ自体も政権が末期症状であることを象徴しているように思える。相手が重要な情報源であれば、リークなどしない。次から特ダネにありつけなくなるからだ。リークは、漆間長官、ひいては麻生政権は長続きしないという打算に裏打ちされているはずだ。
Category: None | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示