2012/07/17

小沢一郎の最期

過去20年超、日本の政治(あるいは政局)の中心に在り続けた小沢氏が、その政治生命を終えようとしている。
「新党『国民の生活が第一』には8割が期待しない」との世論調査結果が発表されているが、そのような調査を待つまでもなく、支持基盤の無い若手議員を寄せ集め、橋下氏からも石原氏からも相手にされないこの政治勢力に未来があるとは思えない。国民のほとんどはもう何とも思っていないだろうし、メディアからもやがて忘れられていくだろう。

彼が20年前に著した『日本改造計画』は、明確なビジョンとリーダーシップ、それを実現する具体的な方策が簡潔にまとめられた本格的政治論として鮮烈な衝撃を与えた。同書を読めば、その後の日本が、規制緩和・自由主義や小選挙区制・マニフェスト選挙の導入を含むイギリス型政治システムの模索から、自己責任という観念の波及に至るまで、紆余曲折を経ながらも、相当程度本書の提言・予言通りの道を歩んできたことがわかる。



本書は当時新進気鋭の官僚や学者等で構成されるゴーストライターが書いたとされ、そのことをもって批判する向きもあるが、それだけの識者・論客を惹きつけ、選別し、一貫した論旨にまとめあげ、自らの名前で出版できたことこそが、彼が動員力と先見性、決断力を兼ね備えた優れたリーダーであった証左である。

だから私も、3年前の政権交代時、日本の統治構造が変わることに多少とも期待した(今読み返すと面映ゆいが)。
しかし結局、統治構造は何も変わらなかった。部会の廃止は撤回され、与党・政府の二元体制は維持された。百人超の与党議員が政府入りすることも、国家戦略局が指導力を発揮することも無かった。そしてその二元体制を維持した張本人は、自分しか見えない夢想家・鳩山由紀夫氏を操り、ガソリン暫定税率の廃止撤回に代表される政権介入を行った小沢氏自身だった。

今回結成された新党「国民の生活が第一」は、あろうことか党議拘束を設けないという。党議拘束・多数決によって「決める政治」は、彼が目指した英国型モデルの要諦である。それを真っ向から否定し、小沢氏の目指す政治システムは一体どこに行くのだろうか。代案の無い脱原発・反消費増税を含め、「何でも反対」党内野党に成り下がっていたことを考えれば、驚くには値しないのかもしれないが。

数年前、小沢氏と1対1で話したことがある。メディアを通じて受ける強面な印象とは裏腹に、柔和で親しみやすい方だった。これが「人たらし」と言われる所以か、と思ったものである。

結局小沢一郎氏は理念ある政治家だったのか、単なる田舎の旧い政治屋だったのか。最近のメディアを通じて得られる小沢像しか知らない人には後者にしか見えないのだろうが、彼の政治行動をつぶさに見た人や『日本改造計画』のインパクトを知る人にとっては、「日本を変えてくれるのではないか」という期待感を抱かせる存在だった。だからこそ彼は、これほどの長きに渡って政治の中心に居続けられたのだ。
先の問いは、おそらく彼に近しい支援者にとっても、永遠の謎だったのだろう。その謎に答えを出さないまま、小沢氏は政治の表舞台から完全に消え去ろうとしている。一度首相になって答えを出してほしいと思っていたが、その機会はもう永遠に巡ってこないだろう。


政治 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
初めて書き込みさせて頂きます。

日本の統治システムの問題に関心があって、
このブログをよくROMさせて頂いております。

最近の日本に関して、大正デモクラシーの顛末
をまるっきり繰り返しているような気がします。
このまま日本は経済破綻するのではないか・・と
危惧しているのですが、また政治経済に関して、
質問のようなものを投稿してもよろしいでしょうか?
Re: No title
T.N様
ありがとうございます。ご意見・ご質問等、ぜひお寄せ下さい。

管理者のみに表示