2012/11/26

【読書】 国債非常事態宣言 「3年以内の暴落」へのカウントダウン 松田千恵子



著者はムーディーズのアナリストだったこともある財務・経営のコンサルタントである。日本の財政や国債をめぐる状況がバランスよく整理されていて分かりやすい。タイトルは(類書の例に漏れず)センセーショナルだが、中身はいたって真っ当な現状分析と将来予想である。

著者が指摘するように、現在日本国債の格付けがAa3/AA-(ムーディーズ/S&P)に踏み留まっているのは、格付機関が「『国には徴税権も貨幣発行権もある』のだから、いざとなったらインフレにしようが重税をかけようが、はたまた預金封鎖をしようが、いずれにしても『国内で何とかして』債務の支払いを行うだろう」と見ているからに過ぎない(p100)。格付け機関が見るのは「対外的な債務の支払い能力」であって、その過程で国民がどれほどの犠牲を払うかは焦点ではないからである。「今の高格付は、皆さん(読者=日本人)の犠牲が払われるもの、という前提で成り立っている」のである。

以前このブログでも書いたが、「国債は国内で消化されているから、日本には1,400兆円の個人金融資産があるから、大丈夫」という話は、「日本人の預貯金を没収して国債の償還に充てれば、デフォルト(=借金の踏み倒し)は免れられる」ということでしかない。これを「大丈夫」と言ってのける政治家や評論家は、国民の生活を一体何だと思っているのだろうか。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示